メインイメージ

ペーパーつまりを防ぐ

トイレットペーパーを正しく使い、トイレつまりを防ぐ

トイレは毎日のように利用する場所であり、日によって、大量によってはその回数が多くなるものです。これは、その分気を付けなければならない時間も増えることを意味します。と言うのも、トイレを利用した際には、トイレつまりによるトラブルが発生することが珍しくないからです。
トイレつまりが起きてしまう原因は色々な物がありますが、よくあるのが、トイレットペーパーの誤った使い方によるものです。トイレットペーパーは、ティッシュペーパーなどと違って、本来流してはいけない物ではありませんから、一見何の問題もないように感じられるかもしれませんが、ちょっとした使い方の違いで、トイレつまりの原因となってしまうものです。

トイレットペーパーのどういった使い方が良くないのかと言うと、一番気を付けたいのは使用量です。おしりを拭く際に、ちょっとの使用量で拭き取れれば問題ありませんが、必ずしもそう言った人ばかりではないでしょう。そう言った人の場合は、何度も拭く作業を行うことになり、当然トイレットペーパーの使用量も多くなります。そして、拭き終った後に排せつ物と共に一気に流すと、便器の中の物の量が多すぎてトイレつまりを起こしてしまうわけです。
トイレつまりを起こさないためには、まめに流すに限ります。シンプルな方法ですが、効果的な方法でもあります。トイレつまりを起こしてしまったことのある人は、どのぐらいの量だとつまってしまうかがよくわかっているでしょうから、まずは絶対にその量になるまで使ってはいけません。
慣れてくれば、このぐらいの量までは便器の中に溜めても大丈夫、と言うことがわかってくるものです。

一番良いのは、数回使ったらすぐに流すことです。と言うのも、トイレットペーパーの種類によって、トイレつまりが起きる確率が高くなるからです。
例えば、会社やお店や公共施設などのトイレで、自宅と同じ感覚で利用すると、トイレつまりが起きてしまう場合があります。これは、トイレットペーパーの種類が違うのもそうですし、便器の種類も異なるからです。ですから、まだ感覚がつかめていない外部の施設のトイレを利用する際には、この使い方ならまずつまらないだろう、と言うかなり安全なペースで流すことが重要です。

トイレつまりを起こしてしまうと、つまりを取るのにかなり手間がかかったり、お金がかかってしまう場合があります。
また、自分が困るだけでなく、一緒に住んでいる家族、その施設のトイレを使う他の利用者の方たちに迷惑をかけてしまう恐れもありますから、トイレットペーパーの使い方に十分気を付けてトイレを利用することが大切と言えます。

Copyright© 2015 トイレつまりの原因となるティッシュペーパーを正しく使おう All Rights Reserved.