メインイメージ

溶かす選択が解消法

溶かす選択がトイレつまりの解消方法ですか?

トイレつまりが起こった場合、溶かす方法を選んではいけませんか?
通常便器に流すペーパーの性質は、水に溶ける水溶性の物が一般的なので、量が適切に守られれば問題に至る確率は低いといえます。
しかし、大量に流してしまえば、空気の通り道さえも塞がってしまいますから、隙間がなくなる事でトイレつまりが発生します。
この場合は、水を連続して流す安易な判断を行うと、流れ切れずに溢れる状況へ発展します。
溶かすやり方が可能と判断出来れば、ラバーカップや棒で押し込み、水に分解する反応が早く進められます。

この方法が上手くいかない時は、既に他の物が詰まっている事や、パイプが錆びたり老朽化している可能性があります。
ガムや粘着性の物質は、一見問題なくパイプを流れたと判断出来ても、内部に付着してゴミを集めている状況が考えられます。
下水パイプが金属製で、設置から数十年経っていたり、直近のメンテナンスから間が空いているなら、錆が増殖してトイレつまりに繋がっている判断が行えます。
強力な酸性の薬品は、短期間で酸化物を除去する性質を持つので、上記の条件に当てはまっているのであれば、リスクを承知の上で溶かす手段が選べます。
ただ、正常な部分の金属も溶かすので、これでトイレつまりが解消されなければ、見当違いで失敗に終わる結果になります。

物理的に除去する地道なやり方が、トイレつまりを改善する溶かすよりも現実的な方法です。
薬品の使用にはリスクがありますし、溶かす場合は強力な物が欠かせないので、失敗すると設備の損傷を免れるのは難しくなります。
便器の表面に近い場所で発生しているトイレつまりなら、物理的にゴミを取り除き、隙間を作り出すやり方が安全に解決へと近付けます。
複数の棒やすくう事が出来る道具を用いれば、上から取り除く作業が行えますし、トイレつまりの改善を見ながら作業が進められます。
抵抗感はありますが、手袋をして直接排水にアクセス出来ると、更に作業効率を高める事が出来ます。

リスクが少ない方法からトイレつまり解消を目指し、段階的に対処するのが正しい解決策です。
ラバーカップでトイレつまりに変化がなく、時間をおいても一向に流れる気配が感じられないなら、棒で隙間を作る手段に移ります。
大抵の場合はこれで解決しますが、トイレつまりの回復が得られない時は、溶かす手段を選択するか、業者に依頼して直して貰う判断が求められます。
便器の破損が起こってしまえば、利用の不便がもっと延長されるので、慎重に選ぶ冷静さが重要な状況です。

Copyright© 2015 トイレつまりの原因となるティッシュペーパーを正しく使おう All Rights Reserved.