メインイメージ

大量のティッシュでは

大量のティッシュで起こったトイレつまりの直し方

トイレつまりというのは、自分自身が直接的な原因を作ってしまう場合と、トイレ自体に原因があるという場合があります。
トイレ自体に原因があるトイレつまりというのは、水流が悪いというような事や、配管の不具合などがあげられます。
こういった場合に起こるトイレつまりというのはなかなか気が付くことができませんので、ある意味怒ってしまったときには仕方がないというようにあきらめざるを得ません。

一方で自分自身が直接的な原因を作ってしまうというトイレつまりに関しては、気を付けていれば避けられるということもあるので、日ごろから注意を怠らないようにしておくべきです。
一番のトイレつまりの原因とされるのが、ティッシュのつまりです。
トイレットペーパーもしかりですが、流れないほど大量に使用することによって配管が詰まってしまい、水があふれてしまうということになります。
トイレットペーパーは、水にぬれるととけるというように作られているので、まだいいのですが、ティッシュペーパーは水にぬれても、上部に作られているものが多々あるので、そのままの大きさで水を吸って膨らんでしまいます。

そして配管の中で溜まってしまい、動かなくなるということになります。
ティッシュペーパーや、トイレットペーパーが詰まってしまったということがわかり次第、すぐにつまりを取ることが必要になります。
直し方としては、つまっているペーパーを取ればいいわけですから、手袋などをはめて、とりあえず見える範囲のティッシュをとってみましょう。
直し方ともいえないぐらい簡単な方法ですが、直接的に配管を詰まらせている物質を取り去ることで、水の流れがよくなります。
また、奥の方につまりが移動してしまっているという場合には、すっぽんと呼ばれている吸引器具を使用するというのも直し方としては効果的だと言えます。

水と空気を一緒に、配管に送り込むことでつまりの部分に圧力がかかり、つまりが引き出されるということがあります。
このような方法を行って、つまりを取ることで、水の流れが元通りになるということがありますので、行ってみましょう。
ままたた自宅以外でのトイレでこのような事態になった際には、トイレにおいてあるトイレ掃除のブラシなどでつまりを取るということもできます。
もちろん、ブラシが壊れてしまうという事や、さらに状態が悪化してしまうということも想定されますので十分に注意することが必要ですし、トイレの持ち主にまずは連絡をするという事の方が、適切な対処法ともなるかもしれません。
いずれにしろ、水があふれてしまうほど詰まってしまうということをさけることが一番ですので、つまりをそのままにして放置することなく対処をすることが重要です。

Copyright© 2015 トイレつまりの原因となるティッシュペーパーを正しく使おう All Rights Reserved.