メインイメージ

つまりを手で解消

トイレつまりを手で解消する

トイレつまりは一度起きてしまうとかなり大変なトラブルなのですが、事前にトイレつまりを予防することもできます。
基本的になにか大きな固形物を落としてしまったということ場合以外、トイレつまりというのは少しずつ進行していくことがほとんどです。
そのためトイレつまりの前兆を察知して、早めに対処することが大切です。
早めに対処しておくことにより、深刻なつまりを起こす危険を回避することができるでしょう。

水を流した時に溜まる水の水位が高いということがあるのですが、用を足した際に水位が高くなっているという場合、トイレ自体の問題ではなく配水管がつまっている場合があります。
そこで水位が下がるまで待ってラバーカップなどの道具を使用すると良いでしょう。
トイレつまりの詳しい解消方法について知りたいという場合、インターネットで調べてみるのがオススメです。

しかし、ラバーカップを使用してもトイレつまりが解消できないということもあります。
そのような場合はトイレの使用を控え、トイレ修理を専門としている業者に連絡すると良いでしょう。
無理に自力で解決しようとすると、トイレつまりだけでなく排水管にもトラブルが起きてしまうことがあります。
そして、排水管のトラブルが起きてしまうと、解消するのにかなりの時間がかかってしまいます。

トイレつまりはトイレットペーパーを流しすぎた時に起きることが多いのですが、携帯電話などの異物がつまりの原因となることがあります。
そのようなトイレつまりの場合、スッポンやワイヤーブラシで対応すると事態をさらに悪化させてしまうことがあるので注意しましょう。
固形物を取り出せなくなってしまうこともありますし、無理に取り出そうとして便器を壊してしまうこともあるのです。
ちなみに、スッポンを使っても落とした異物を取り出せないという場合、便器を分解するなどの対応が必要となる場合もあります。

また、抵抗があるかもしれませんが、便器に直接手を突っ込んでつまりの原因となっている異物を取り除くのも良いでしょう。
水洗式トイレは排水路が屈折した構造となっているため、この位置に固形物が詰まっている可能性があるのです。
手が届く範囲につまりの原因があれば、自身でつまりを解消することができます。
しかし、手で取り出す方法は浅い部分につまりの原因がある場合のみなので、汚水管がつまりの原因となっている場合はプロにまかせた方が良いでしょう。

Copyright© 2015 トイレつまりの原因となるティッシュペーパーを正しく使おう All Rights Reserved.