メインイメージ

意外と難しい直し方

意外と難しいトイレつまりの直し方

本来なら流すべきでない物を流したわけではないのにトイレつまりが発生してしまうこともあります、一般人が対処できるものから業者に任せねばならぬものまでいろいろです。

誰もが思いつく手軽な直し方としてはラバーカップではないでしょうか、柄の付いた大きな吸盤のようなもので便器の水溜まりの部分から圧を掛けて詰まりの原因となるものを流し去ろうとする方法です、これは一時的に多くのトイレットペーパーを使用したようなトイレつまりには有効です。

圧を掛けられることにより詰まった部分がほぐれて流れやすくなるからです、ただし、効果があるのはせいぜい流してはならないはずのティッシュペーパーくらいまでで、布やプラスチックなどは配管の奥に移動するだけで解決にならぬ場合があり、時には逆効果になり得ます。

別な直し方として強いアルカリ性の洗浄剤を試す人もいるようですが、残念なことに化繊やプラスチックには効果がありません、この方法は紙や木綿の布が詰まった時などで、しかも、詰まった場所が水たまりのすぐ先くらいという場合です。

流してしまったものが水に溶けない固形物だと分かっている場合は持ち家ならば業者に、賃貸であれば大家や管理会社に連絡をとって専門の業者に対処してもらうしか方法はありません。

また、トイレつまりが自宅のトイレそのものに起きているわけではない場合もあります、特にアパートやマンションなどの集合住宅では各世帯からの汚水が流されますが、どこかの世帯が流してしまった詰まりの原因が配管内に留まり流れが悪くなってしまうことがあります、こうなると同じ配管を共有する世帯まで流れが悪くなってしまうのです。

トイレつまりが起きたら階下のお宅に異常が無いか訊いて確認してみましょう、同じように不都合が発生していたら汚水槽までの配管のどこかに問題がある可能性が高くなります、こうなった場合の直し方は一般人には無理な方法しかありませんので大家や管理会社に連絡を取りましょう。

ちなみに、節水目的で一度に流す水量を制限している人もいますが、汚水を流すのに必要な水量は便器の型や配管によって一応の量が想定されています、それを下回ると詰まりの原因になりやすいの注意が必要です。

バケツで風呂の残り湯などを流すなどして水を多めに流したりを心がけると良いようです。

トイレつまりはひとたび起きてしまうと大変な不自由を強いられます、また、自己責任の場合は解決にそれなりの費用がかかります、トラブルを起こさぬようにトイレは正しく使いたいものです。

Copyright© 2015 トイレつまりの原因となるティッシュペーパーを正しく使おう All Rights Reserved.