メインイメージ

つまりの原因で多い

トイレつまりの原因に多いティッシュペーパー

普段トイレを使っている時には、排泄物やペーパーをその都度適量流しているだけなので、トイレつまりなどのトラブルが起きる事はそうそうありません。けれども、子供のいたずらでたくさんのティッシュペーパーを一度に流してしまう事もありますから、一度にたくさんの量を流すとトイレつまりの原因になる事があります。

トイレつまりが起きた時も、すぐに分かるわけではないことが多いです。見ていても何となく前兆がある事が多いので、使っている時にいつもと便器の中の様子が違うようであれば、もしかしたらつまりが起こるかもしれないと考えておいてもいいかもしれません。例えば、用を足した後に水位がいつもより高くなってしまっている事もあります。これは既に排水管でつまりが起こってしまっていて、そのために水が流れ切る事がなくなってしまうからです。

たかがティッシュペーパーぐらいでと簡単に思ってしまうかもしれませんが、いざトイレつまりになってしまうと誰もが慌ててしまうものです。水溶性の紙ですから、時間を置くことで溶けて流れて解消出来る事もありますし、洗剤を溶かしたお湯などを流して様子を見るのも最初の段階ではいいでしょう。様子を見てもあまり変わらなかったり、段々と便器の水が増えてきたようであれば、ラバーカップで何度か押し引きを繰り返していきましょう。ラバーカップも定番ですが、これで殆どは解消できることが多いです。

ティッシュペーパーはトイレで使う水溶性のものですから、どれだけ流しても大丈夫だろうと考えている人は少なくありません。ですが、トイレでも流せるものの量はある程度決まっています。一般的な使い方をしているのであれば問題ありませんが、排泄物の量が多かったりするなどして大量に流せば、排水管などに詰まってしまう事は想定されます。トイレつまりはどんな家庭でも起こりうることですから、正しい用法で使っていく事が大切です。

トイレが複数ある家ならいいですが、一つしかない場合は使えなくなってしまいます。自分でトイレつまりの作業をしていても、改善が見られない事もあります。その場合はなるべく早く業者に依頼をしましょう。ティッシュペーパーぐらいなら自分で綺麗に取ろうと頑張って作業を続けていても、結局上手く解消できずに水浸しになったりするだけに終わる事もあります。たくさんの業者がありますので、なるべく早くで安価に対応をしてもらえる所を探してみて下さい。

Copyright© 2015 トイレつまりの原因となるティッシュペーパーを正しく使おう All Rights Reserved.