メインイメージ

原因がティッシュ

トイレつまりの原因がティッシュの場合の対処法

トイレつまりが発生する原因は、排泄物、また誤って落としてしまった異物など様々です。しかし、やはりトイレなので、そこで使用する紙類が原因であることが非常に多いようです。
紙類でも、トイレットペーパーはトイレ使用時に使うものと限定されて開発された紙です。ですから、非常に水に溶けやすく作られています。
しかしティッシュは、同じ紙でありながら普段使いも想定されています。そのため、トイレットペーパーとは異なり、水に溶けにくいよう作られています。

トイレットペーパーが足りなかった時など、手持ちのティッシュなどを使用すると言う人も多いかもしれません。しかし以上のようなことから、トイレでティッシュを使用するのは避けた方が良いのです。
同じ紙類だから大丈夫と思っていると、これが原因によるトイレつまりを発生させてしまう可能性が高くなります。ですから、ティッシュの特性を良く知っておくこと、またお子さんなどがいる家庭では、お子さんにもこのことを教えておくことが大切です。

ティッシュがトイレつまりの原因である場合、対処としてはまずラバーカップを使用するのが一般的です。それ程、大量の枚数を流していなければ、この対処によって解決する確率は高いです。
コツとしては、便器のくぼみにカップ部分をぴったりと当てること、そして水を流動させるような気持ちでカップを押し引きすることです。
また水を流すのも効果的です。流した水が、少しずつでも少なくなっていく場合は、排水口とつまっているティッシュとの間に隙間があると言うことですから、時間の経過と共に、自然と流れていくことも考えられます。
ラバーカップを使用して水を流す、そしてしばらくしてまたラバーカップを使用すると言うのも、有効です。トイレつまりが発生すると焦ってしまいますが、ひとつの対策をとるごとに、しばらく様子を見ることも重要なことです。

もし手元に、パイプつまりを解消する洗剤があれば、それを使用してみても良いです。紙類に対しては、アルカリ性洗剤が有効です。排水管のつまり解消に特化した洗剤ですので、ひとつ、手元に置いておくと万が一の際にはとても安心です。
ただし、これらは取扱いに細心の注意を要します。また使用時に臭い、熱が発生する場合もあるため、賃貸で生活されている方などは、周囲への配慮が必要となります。

こうした対策をしても、トイレつまりが解消されなかったと言う場合は、お金はかかりますが専門業者を呼ぶのが一番です。
トイレつまりの原因などに応じて、適切な解決方法と料金が提示されます。自分の予算に応じて、その中から適切な解決方法を選ぶと良いです。
トイレつまりを発生させないためにも、トイレに流す水の勢いを見ておく、定期的に排水管をきれいにしておくなどの対策を普段から行うことも大切です。

Copyright© 2015 トイレつまりの原因となるティッシュペーパーを正しく使おう All Rights Reserved.